« 2011年3月 | トップページ

2011年4月

私の存在と慣性の法則について

自分の現在の考えをまとめておきたいと思って。

何故、私はここにいられるのか。
哲学的な問題じゃなくて、物理的な問題で。

地球は太陽の周りを回ってて、そして自身も回転してる。
だったら私、今ごろ回転に乗って吹っ飛ばされてるんじゃないか。その問いに、ガレリオ(だっけ;)が答えた。
「進んでいる船のマストから玉を落としても、玉は海におちず船の上に落ちるでしょ」(確かこんな感じ)

私、最近これに納得できなくなってきたのだ。

これって要するに慣性が働いてるってことでしょ。
ものは、現在ある位置にとどまろうとする性質を持ってる。
例えば、電車に乗っていると、発進したときは体が後ろに引っ張られる。停車するときは体が前に倒れる。
でも電車が速度を変えず走っているときには、まっすぐ立っていられる。

だから地球も回り続けているしずっとそのままなんじゃないか…って。

でも、ひとつ疑問に思った。

地球の動きって、等速直線運動じゃないのよね。
ただまっすぐ進むのではなくて、太陽の周りを回っている。
その上回転もしている。

例えば車が曲がるとき、たとえ速度が同じでも体は横に引っ張られる。慣性の法則って等速直線運動でのみ起こるからね。

だとすると…なんで私は地球の外に飛んでいかないんだろう。

最近思っている不思議である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ